お城訪問

オッサンがお城を見てはしゃぐブログ

17.大阪城

大阪城に行ってきました。

日本100名城(No.54)に選ばれた、大阪府大阪市にあるお城です。

大阪に住んでいるので大阪城には何度か行っていたのですが、お城大好き人間になってから当時の遺構が数多く残っていることを知り、これは改めて訪問せねばと思いました。

天満橋駅から京橋口を目指して歩いていくと、豊臣時代の石垣がいくつか見られます。なお、豊臣時代の遺構はこうして発掘復元したもの以外は埋没してしまっており、現在見られる遺構は徳川時代のものだそうです。

 

やがて、広大なお堀と大きな石垣が見えてきます。石垣の隅には櫓が建っています。

現存する最も古い建造物のひとつと言われる、乾櫓です。

これまで天守と石垣のイメージしかなかった大阪城に、本当にこうした現存建造物が残っていることにとても感動した瞬間でした。

 

三の丸の入り口にある、筋鉄門跡です。石垣の穴に興奮します。戦時中に砲兵工廠として使用された関係かと思いますが、石垣の上にレンガが積まれているのも珍しい光景です。

三の丸には行かず、京橋口から二の丸に入ります。

枡形石垣にこうした巨石が使用されているのが大阪城の特徴です。それにしてもでかい。そして緻密な加工。一体どうやってこんなものを造ったのか。ピラミッドやモアイ像を見ているような気分になり、畏敬の念を抱かずにはいられません。

 

西の丸の北仕切門です。ここからは入れないみたいでした。

二の丸の西仕切門跡です。

極楽橋を渡り、山里丸に入ります。

 

山里門跡です。ここも見事な枡形。

この階段の向こう、とても気になります。

石垣の中ほどに石樋が見えます。

 

刻印のある石が並べられた刻印石広場です。くっきり見えてます、刻印。

 

坂を上るといよいよ本丸。天守が見えてきます。

 

隠し曲輪です。

出枡形です。このあたり、説明を読んで城郭構造を考えながら撮影しているのが分かります。少しずつですが、理解が深まってきたようです。

そして天守が目前に迫ります……でか!

名古屋城のスケールにもびびりましたが、大阪城もとんでもないでかさです。なんじゃこりゃ。

天守の裏に回り、青屋門方面を望みます。向こうに大阪城ホールが見えます。

天守下の仕切門跡です。加工された石組が実に美しい。

それにしても本当にでかい。

 

裏手に回り、月見櫓跡あたりからの内堀と石垣です。本丸にはかつて、この月見櫓をはじめたくさんの三重櫓がひしめいていたそうです。さぞかし壮観だったことでしょう。

 

金蔵です。金庫ですね。瓦には葵の御紋が見えます。

本丸を南下し、桜門へ向かいます。

桜門枡形の巨石、蛸石です。もはや尋常じゃないです。

桜門です。門の左右の石もでかい。

 

二の丸南石垣にある六番櫓です。二の丸南面には、この規模の櫓がずらりと七つも並んでいたとか。本当にスケールでかいです大阪城

 

二の丸の南仕切門と太鼓櫓跡です。

ここから西の丸に行きたかったのですが、時間が遅かったため閉まっていました……残念。諦めて、大手門へ向かいます。

内側からだと見にくいですが、千貫櫓です。乾櫓と並び、城内最古の建造物だそうです。

大きな門に覆いかぶさる多聞櫓です。

ここにも巨石。

かつてはさらに多聞櫓があったようです。

ふたつの門が現存し、これぞ枡形! という感じです。しかも巨大です。ゾクゾクします。

外からは千貫櫓が良く見えます。

再び大手門をくぐり、今度は東の玉造口を目指します。

一番櫓です。かつて七つあった二の丸南面の櫓も、一番と六番しか現存していません。

 

そんな大阪城の現存櫓の一部が内部見学できるステキイベントが開催中のようです。これは期間中に何としてでも行かねば。

 

この石垣にも、かつては門や櫓が建てられていたのでしょうか。

玉造口です。かつては枡形が形成されていたようですが、今はありません。

 

どうやら大阪城のおかげですっかり石垣の虜になったみたいです。

それでは、締めは天守です。

多くの現存建造物を目の当たりにして、大阪城に対する印象が完全に塗り替えられました。身近にこんなにも素晴らしい城郭があるなんて、なんという幸せなのでしょう。敷地が非常に広大で、回れていないエリアもたくさんあるので、櫓の内部見学と合わせて、必ずまた訪れたいと思います。

 

素敵なお城でした。ありがとう。