お城訪問

オッサンがお城を見てはしゃぐブログ

37.佐倉城

佐倉城に行ってきました。

日本100名城(No.20)に選ばれた、千葉県佐倉市にあるお城です。

f:id:harapon:20180924110144j:plain

やってきました、11万石の城下町。JR佐倉駅前にて、お城風の看板が出迎えてくれます。

f:id:harapon:20180924110916j:plain

少し歩くと、昔の城内絵図を使った案内板があります。薬師坂です。案内板のサブタイトルに「~佐倉の坂~」とありますが…もしかして、坂道がたくさんあるのでしょうか。体力面で不安がよぎります。

f:id:harapon:20180924110931j:plain

なにしろこの薬師坂がすでにかなりの急坂です。ヒィフゥ言いながら上ります。

f:id:harapon:20180924111122j:plain

薬師坂を上ると、旧武家町です。左手方向に進むと、武家屋敷群があるようです。

f:id:harapon:20180924111448j:plain

武家屋敷通りに入ると、土塁と生垣が立ち並ぶ光景に目を見張ります。

f:id:harapon:20180924111502j:plain

武家屋敷通りの説明よりも「房総の魅力500選」のタイトルに目を見張ります。500の名所を選抜して、このような説明プレートを500箇所に設置したってことですよね…お疲れ様です。

f:id:harapon:20180924111600j:plain

こちら入れるようなのでお邪魔します。土塁と生垣が立派な、旧河原家住宅です。

f:id:harapon:20180924111849j:plain

お屋敷も大きく、立派です。

f:id:harapon:20180924111909j:plain

f:id:harapon:20180924111944j:plain

f:id:harapon:20180924112103j:plain

f:id:harapon:20180924112039j:plain

裏手にお風呂があります。

f:id:harapon:20180924112209j:plain

 

ほかにも入れるお屋敷があるようなので、そちらにもお邪魔します。

f:id:harapon:20180924112353j:plain

f:id:harapon:20180924112459j:plain

旧但馬家住宅です。3軒ある武家屋敷のうち、こちらは当初からこの場所に建っていたようで、ほか2軒は移築だそうです。

f:id:harapon:20180924113452j:plain

f:id:harapon:20180924112751j:plain

そしてこちらが旧武居家住宅です。

 

武家屋敷を堪能したところで、お城へ向かいます。

f:id:harapon:20180924114049j:plain

f:id:harapon:20180924114010j:plain

出ました、佐倉の坂シリーズ第2弾です。下り坂で助かりました。細く、昔を感じられる道です。

f:id:harapon:20180924114933j:plain

藩校・成徳書院跡の碑です。現在このあたりには市民体育館が建っています。

f:id:harapon:20180924115044j:plain

f:id:harapon:20180924115056j:plain

大手門跡です。古写真を見ると、巨大な櫓門だったようです。

f:id:harapon:20180924115415j:plain

城址公園センターの案内です。写真左手の広場には、三の丸御殿があったようです。

f:id:harapon:20180924115443j:plain

城址公園センターは、お城風のカラーリングです。100名城スタンプはこちらで押します。

f:id:harapon:20180924115548j:plain

センター内には、本丸模型の展示があります。本丸内には門がふたつと櫓がふたつ、天守と、御殿があったようです。

f:id:harapon:20180924115650j:plain

センター内には本丸模型だけでなく、壁には門や櫓の古写真が、そして1/20の天守模型もあります。天守は、最上部以外には破風のないシンプルな外観だったようです。

f:id:harapon:20180924120424j:plain

f:id:harapon:20180924120516j:plain

城址公園入口にある案内板は、左が当時の絵図、右が現在の案内図となっており、当時の縄張りと比較しやすくなっています。

f:id:harapon:20180924120554j:plain

f:id:harapon:20180924120613j:plain

入口すぐにある空堀です。堀底まではかなりの高低差があり、これはすごいなーと唸りながら撮影したのですが…写真ではあまりすごさが伝わらないように思ってしまいます。

f:id:harapon:20180924120719j:plain

城址公園の看板手前から道が右へ分岐していますが、当時は、この先の三の門までは左右を空堀に囲まれた一本道だったようです。

f:id:harapon:20180924120800j:plain

f:id:harapon:20180924120852j:plain

三の丸への入口、三の門跡です。あれ? さっきの三の丸御殿跡って門外にあったような…。そしてこの案内板、左の古絵図と右の地図の向きが何故か違う…。まあ、細かいことはいいですか。

f:id:harapon:20180924121114j:plain

三の門を抜けてすぐにある、浅間神社跡です。ほほう、富士山が見える、と。それではちょっと見てきましょうか。

f:id:harapon:20180924121233j:plain

見えませんでした。まあ、そんな気はしていましたが。

f:id:harapon:20180924121543j:plain

三の丸を奥へ進むと、銅像に挟まれた道が見えます。右側の銅像は、佐倉藩主だった堀田正睦公です。

f:id:harapon:20180924121632j:plain

f:id:harapon:20180924121649j:plain

銅像の間を通り、空堀にかかる土橋を渡った先にあるのが、二の丸への入口、二の門跡です。門の先には鍵型に右へ曲がる土塁があり、枡形虎口のようになっています。ここの案内板も、古絵図と現地図とで向きが違います…揃えた方が理解しやすいと思うのですが。

f:id:harapon:20180924121826j:plain

二の門跡を抜けると、道が土塁に沿って右へカーブしています。

f:id:harapon:20180924122004j:plain

f:id:harapon:20180924121943j:plain

二の門を右へ進んだ先にある、二の丸御殿跡です。江戸後期には老朽化したため、城主は三の丸御殿に移り住んだようです。

 

三の丸、二の丸ときたら、次はもちろん…本丸です。

f:id:harapon:20180924122053j:plain

この土橋の先が、本丸です。

f:id:harapon:20180924122236j:plain

f:id:harapon:20180924122212j:plain

一の門跡です。この案内板は古絵図と地図の向きが揃っています。

門跡にある石積み?石囲い?が当時のものなのか分かりませんが、これのおかげで、これまでの門跡より想像しやすくなっています。

f:id:harapon:20180924122306j:plain

本丸内より、一の門跡を見て、かつての門を想像します。…って、この写真だと一の門の下半分しか写ってませんよね多分。「エア写真」も構図が重要です。反省。

f:id:harapon:20180924122340j:plain

土塁です。この高さ、さすが本丸の土塁です!

f:id:harapon:20180924122444j:plain

一の門跡から見る本丸全景です。高い土塁にぐるり囲まれた本丸の中心には本丸御殿が建っていたようです。写真奥には、特徴的な天守台が見えます。

f:id:harapon:20180924122611j:plain

一の門跡を抜けてすぐ右手、北側から土塁へ上がることができます。この石段が当時のものかどうかは不明ですが、当時も土塁へ上るための道は設けられていたのではないかと思います。

f:id:harapon:20180924122641j:plain

土塁の上を歩きます。

f:id:harapon:20180924122723j:plain

よく見ると、瓦片が埋もれているような…?

f:id:harapon:20180924122929j:plain

このあたり、礎石のような石の列があります。奥に見えるのは、銅櫓跡です。

f:id:harapon:20180924123043j:plain

銅櫓跡です。銅瓦葺だったんですね。本丸御殿とは廊下でつながっていたようです。

 

さらに土塁上を歩き、天守台へ向かいます。

f:id:harapon:20180924123634j:plain

f:id:harapon:20180924123824j:plain

天守台です…って、え?これが?この生垣に囲まれた、斜面を含むスペースが、天守台?どゆこと???

f:id:harapon:20180924123905j:plain

へええ、土塁の段差上に天守を建てていたんですね! それで内側からは4階に、外側からは3階建てに見える、と!これは面白い!

ていうか、城址公園センターの模型でちゃんと再現されていたんですね…全然気付いてませんでした。

f:id:harapon:20180924123701j:plain

案内板にある石碑というのが、これです。言われてみれば確かに…段差のついた台上に立ってるけど…ちょっと、わかりにくい、かも?

f:id:harapon:20180924123722j:plain

石碑横にある、本丸家形配置図です。銅櫓が廊下で御殿とつながっているのが分かります。

f:id:harapon:20180924124321j:plain

f:id:harapon:20180924124248j:plain

本丸の東にある角櫓跡です。三階櫓だったようです。

f:id:harapon:20180924124400j:plain

f:id:harapon:20180924124428j:plain

台所門跡です。本丸もうひとつの門で、当初は大きな櫓門だったようです。

 

台所門跡から本丸を出ます。

f:id:harapon:20180924124506j:plain

f:id:harapon:20180924124614j:plain

南側の出丸へ向かいます。

f:id:harapon:20180924125035j:plain

f:id:harapon:20180924124915j:plain

南側の出丸です。周囲を土塁に囲まれており、けっこうな広さがあります。

f:id:harapon:20180924124846j:plain

f:id:harapon:20180924124838j:plain

出丸の外側は水堀です。西側には当時、清水門があり、ここから城外に出ることもできたようです。

 

南側出丸から、本丸南側の帯曲輪へと歩きます。

f:id:harapon:20180924125431j:plain

帯曲輪から、門が見えます。

f:id:harapon:20180924125611j:plain

f:id:harapon:20180924125626j:plain

佐倉城では貴重な、おそらく城内で唯一の現存建造物、薬医門です。

f:id:harapon:20180924125735j:plain

f:id:harapon:20180924125815j:plain

f:id:harapon:20180924125746j:plain

f:id:harapon:20180924125824j:plain

そして現在この薬医門が建っているのが、西側の出丸です。周囲はこのように門より高い土塁で囲われ、非常に堅固な曲輪です。

 

ふたつの出丸を回ったところで、北側の曲輪へ向かいます。

f:id:harapon:20180924130626j:plain

f:id:harapon:20180924130749j:plain

きました!佐倉城の見逃せない大きな見所、復元された三の丸北側の馬出と空濠です!

いやーどうでしょうかこのド迫力!濠の深さ!当時はこの倍近くの深さだったというのがさらに驚きです。こんなの、攻め手は濠を迂回して馬出から進入せざるを得ませんよね。ていうか、一番の見所の写真が2枚しかないのってどういうことなんでしょうね。タイムスリップして訪問時の自分にしこたま説教したいですね。

f:id:harapon:20180924131958j:plain

あ、写真もう1枚だけありました。馬出の内側です。でも空濠をもっと撮るべきだったよなあ…。

f:id:harapon:20180924131942j:plain

f:id:harapon:20180924132036j:plain

そして、馬出と三の丸との間にあったのが椎木門です。

f:id:harapon:20180924131016j:plain

馬出の北側に広がる、椎木曲輪跡です。現在は国立歴史民俗博物館が建っています。

f:id:harapon:20180924131452j:plain

椎木曲輪のさらに北側には、円勝寺と愛宕神社があったようです。

f:id:harapon:20180924131821j:plain

姥ヶ池方面へ下りる道ですが、今回は行きませんでした。

f:id:harapon:20180924132304j:plain

f:id:harapon:20180924132420j:plain

奥の方(二の丸北側あたり?)にひっそりと「佐倉城の礎石」が並べてあります。どこの礎石か、何の礎石なのかは不明です。門や櫓の礎石なんかもありそうですね。

城内はここまでです。

 

帰りは、行きと違う道を通ります。

f:id:harapon:20180924134112j:plain

f:id:harapon:20180924134216j:plain

くらやみ坂です。この坂を上ると、武家屋敷通りの真ん中あたりに出ます。

 

城下の武家屋敷、空堀・土塁の高低差、土塁に乗り上げた天守台、復元された馬出などなど、見所は実にたくさんあります。建物はほぼ残っていませんが、そこにあったであろう塀を、門を、櫓を、想像しながら歩けば、壮大な在りし日の佐倉城がきっと浮かんでくるはずです。

それにしても、見所を写真に収めるのが下手だなあと、こうして見返すと痛感します。縄張りをしっかり把握した上で、地形の変化が目に見えるポイントをおさえながら撮影することが土の城では重要なのだと、肝に銘じます。

f:id:harapon:20180924204225j:plain

日本100名城スタンプラリー、こちらで5城目となります。

 

素敵なお城でした。ありがとう。