お城訪問

オッサンがお城を見てはしゃぐブログ

26.淀城

淀城跡に行ってきました。京都府京都市にあったお城です。

京阪淀駅前にあった水車です。かつて淀城にも、大きな水車が設けられていたそうです。

かつての本丸には、與杼神社がありました。

神社の外周にはこのような石垣が。もとは淀城本丸の石垣なのでしょうか。

神社の敷地内にこのような場所もありました。櫓跡かとも思いましたが、違うような気がします。

神社を抜け、城跡公園に入ります。

神社以外の本丸は、公園になっています。

公園に入る前にお堀の方へ行くと、何やら昭和の香り漂う謎エリアが。

手書きの淀城解説看板の前にはノミ跡のついた巨石が無造作に置いてありました。淀城と無関係ということはないとは思うのですが……うーん?

こうして見ると、広いお堀に長く続く本丸石垣が、淀城の規模を物語っています。

公園内に戻ります。

公園入口、本丸北西部の石垣に石段があり上ってみると明治天皇の碑が。櫓台のような形状なので当時は櫓が建っていたのでしょうか。

ここから石垣の上を歩けるようになっていました。

本当に広くて見事なお堀です。

お堀があり、石垣があると、もうそれだけで城跡らしさが飛躍的にアップします。

本丸石垣の南西端まできました。

天守台に迫っていきます。お堀の水面からだと、かなりの高さです。

少し引いたところから撮影すると、天守台の大きさが感じられるでしょうか。

ここには二条城から移築されたという天守と、その四隅には二重櫓が建っていたそうです。二重櫓で囲まれた天守……さぞかし見応えがあったでしょう。

残念ながら、扉で閉ざされており、天守台内部には入れません。

立派な石垣です。

天守台の前にはこのような石段がありました。天守への入口だったのでしょう。

本丸石垣の石段手前から撮った天守台です。

この石段は途中で折れ曲がっています。当時の形状そのままだとしたら、どこへ行くための石段で、周囲にはどのような建物があったのか、知りたくなります。

先ほどの天守入口と思われる虎口です。こちらも扉があり、裏側からは行くことができるのですが、ここからは入れません。

本丸内側から見た天守台です。脇には、木製の解説板があります。

解説板のアップです。石垣は、昭和期に解体修理が行われているようです。

先に上った、明治天皇の碑がある石垣です。離れて見るとかなり広いです。

公園内にある淀城址の碑です。

天守台石垣の脇にも、このような碑がいくつか並んでいました。

当時の淀城縄張りが示された解説板です。今は本丸と内堀の一部が残るのみです。

都市開発などにより痕跡すら残されていない城跡も多い中で、これだけ立派な天守台含む本丸石垣と広いお堀がしっかり残っている淀城跡は、非常に見応えのある良い城跡だと思います。

素敵なお城でした。ありがとう。