お城訪問

オッサンがお城を見てはしゃぐブログ

7.松江城

松江城に行ってきました。

現存12天守のひとつで、日本100名城(No.64)に選ばれた、島根県松江市にあるお城です。

松江しんじ湖温泉駅から何も考えずただお城に向かって歩いたのですが、どうやら裏口(搦手口)から入ってしまったようです。お堀に浮かぶ遊覧船がとっても風流。

 

この時は石垣に対する知識など無かったのですが、「なんかすごいな…」と感じ漠然と撮影していたように思います。石垣好きに目覚めたきっかけかもしれません。それにしても見事な枡形です。

 

北ノ門から本丸へ入ります。

 

乾櫓跡の表示があったので、特に理解せず撮影。

 

天守が見えました。全体的に黒っぽく、渋い雰囲気でカッコイイです。

 

おや、城主様とお付きの侍様でしょうか。観光客や女子高生との写真撮影にも気軽に応じておられました。寛大。

 

近づくとその威容に圧倒されつつも、天守の中へ入ります。

 

付櫓に入ってすぐに、下駄箱が用意されていました。

 

城……なんて書いてあるか読めません。

 

地階は貯蔵庫の役割があったそうで、井戸がありました。また、鯱などを展示していました。

 

展示品の搬出作業中とのことで、一部見られないエリアがありました。

 

2015年に国宝指定された松江城天守内に国宝指定書が掲示されていました。

 

天守最上階からの眺めです。宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島がはっきり見えました。

 

天守を出てからは復元された門や櫓など、あちこちうろうろと撮影して回るのですが、いかんせん城郭構造というものへの理解がなく、写真も断片的で、二の丸下段や大手門跡などは訪れてもいなかったことに愕然とします。本当にもったいない。

二ノ門跡と一ノ門、南多聞櫓です。

 

本丸(武具櫓跡?)あたりから復元された櫓のある二の丸上段方面を撮影したようです。

 

復元された3つの櫓、南櫓・中櫓・太鼓櫓です。天守以外の建造物や塀があると、お城っぽさが増して良い感じですね。

 

鉄砲櫓跡です。

 

ギリギリ井戸跡の碑は、なんだか怖いです。

 

復元された北惣門橋です。

 

松江大橋からでも、天守の姿はしっかり確認できました。

 

本当に素晴らしい天守で、撮影後しばらく見とれていた記憶があります。お城好きになった決定的な要因はこの松江城訪問で間違いないでしょう。

 

素敵なお城でした。ありがとう。