お城訪問

オッサンがお城を見てはしゃぐブログ

35.広島城

広島城に行ってきました。

日本100名城(No.73)に選ばれた、広島県広島市にあるお城です。

 

まずは外郭の遺構を見て回るため、アストラムラインに乗り城北駅で降ります。

説明板にありますが、当時はこのあたりに北側の外堀があったようです。

「鯉城(りじょう)」とは広島城の別名で、プロ野球の広島カープという名称の由来にもなったそうです。(鯉は英語でcarp)

このように、地下道に石垣模様が走っています。これが外堀のラインでしょうか。

地上には、いかにもな石垣の隅部が顔を出していますが、外堀の内側石垣にしては地下道にあった石垣推定線と位置が合わないので、移設復元か、模擬と考えられます。

少し南下したところにも、このような石垣があります。説明によると、外堀石垣の石材を使用した模擬石垣、らしいです。模擬にしてはきちんと積まれているなあという印象です。

 

ここからさらに南下すると、内堀が見えてきます。

写真中央、手前から奥にかけて続く石の列が見えるでしょうか。これが外郭中堀の石垣で、ここより右は当時中堀だったようです。奥に見える水面は内堀で、写真中央奥の木の向こうが内堀から中堀への接続点だったようです。

先ほどの石列に沿って南下すると、確かに左側は石垣、右側はコンクリート(後世の改変)のようです。

堀の向こう側にも、コンクリート石垣に挟まれた当時の石垣っぽい石積みが見えます。

あちらへ行ってみます。

先ほどいた場所を、堀の対岸から見てみると、コンクリート石垣と現存石垣の境界がはっきり確認できます。こういう風に、埋もれかけたお城のわずかな痕跡を見つけられるのはとても嬉しいです。

ふたつ前の写真手前側の石垣は、このように高くなっていました。櫓台かとも思いましたが、縄張り図等と比較すると位置が違うような気がするし、石垣自体積み直したようにも見え、詳細は不明です。

 

……などと、地味な痕跡を撮影し続けていますが。実はもう、とっくに視界に入っているんですよね。

天守が!

ビルの間に堂々とそびえる再建天守! 超カッコいいです。

 

天守は後ほど堪能するとして、内堀沿いをさらに南下します。

総合体育館の北側にある模擬石垣です。説明には中堀跡の石垣を使用したとあり、縄張り図等を見ると、このあたりが三の丸で、ここより西側には外郭があったと思われます。

ただ埋め立ててしまうのではなく、お城のあった痕跡を展示し、ここには確かにお城があったのだと伝えていく手法は、素敵だと思います。

 

城南通りを西へ歩きます。

当時からお城の外郭を流れていた(旧)太田川です。何やら立派な石垣風のあれこれが目に入りますが、これらは後世の建造であり、見に来たものは別にあります。

これです。外郭に今も残る、貴重な櫓台!

草に埋もれていますが、隅石もしっかりと確認できます。

これ、もうちょっと整備してアピールしてもいい遺構だと思うのですが。

広島城には太田川沿い外郭だけで11の櫓が並び、城域全体ではなんと88もの櫓が建っていたとされ、これは日本の城郭では最多のようです。

 

外郭の遺構を堪能したところで、二の丸へ向かいます。

二の丸手前にあるマップです。内堀より外側の縄張りは市街地化しており遺構もほとんど残っていませんが、本丸と二の丸は旧状をとどめています。

こちらは「史跡・広島城跡」の説明板です。この手の説明板でこういうフォント使うの珍しい気がしますが、個人的には好きです、この日本語フォント。

そしてこちらは復元された二の丸表御門の説明板です。昭和まで現存していた表御門や天守は原爆で焼失・倒壊してしまいましたが、天守は再建され、二の丸建造物も平成に復元されました。

説明板には焼失前の写真がありますが、この写真と同じ角度で撮影しておけば良かったと後悔しています。

建造物が復元された二の丸の全景です。二の丸は本丸の手前に馬出のように配置されており、広島城の縄張りにおける大きな特徴のひとつです。

橋の正面から見た二の丸です。門の脇には櫓があり、石垣の上には隙間なく塀が並んでいて、これぞお城の入口といった印象を受けます。よくぞここまで復元してくれました。素晴らしい!

橋の下部を見ると、梁部分に屋根のようなものが付いています。木材の腐蝕を防ぐ「雨覆」というやつでしょうか。この日はあいにくの雨でした。

二の丸手前から見た本丸石垣です。本丸内に建つ護国神社の屋根が見えます。

同じく本丸石垣です。右奥に二の丸と本丸をつなぐ土橋が見えます。

 

それでは、二の丸に入ります。

表御門です。お城の入口にふさわしい、重厚な櫓門です。

門の左右を固める塀と櫓は下見板張りでカッコいいです。下見板には狭間がびっしり。段差のついた塀、良いですね。

二の丸跡の説明板、木製で良い雰囲気です。書いてあるとおり、二の丸より外側三方は多聞櫓や塀でガッチリガードしていますが、本丸側だけはオープンなのです。

内側から見た二の丸(ほぼ)全景です。馬出のような小さな郭ですが、それなりの広さはあります。

北側から見た表御門です。雁木がありますが、ここからは入れません。左端は、先ほどの二の丸説明板です。

表御門の南側には、平櫓・多聞櫓・太鼓櫓が連なる素敵な光景です。

二の丸遺構の説明板です。復元されていない建造物としては、馬屋や番所などがあったようです。

こちらは番所跡です。平面復元表示されています。

馬屋跡も平面復元です。大きな馬屋だったようです…といっても、馬屋のサイズとはどのくらいが標準なのか全然分かりませんが。

ふたつの井戸跡は、一方が平面復元で、もう一方は井戸枠があります。

二の丸復元櫓群の説明板です。このように昭和期まで現存し、写真もあったからこそ、しっかり復元できたのですね。

復元太鼓櫓です。高欄付きでオシャレです。

二の丸東側にも多聞櫓があったようですが、何故かこちらは復元されず、石垣の上に生垣。せっかくならこちらも復元してほしかったと思ってしまいます…。

多聞櫓跡から太鼓櫓を撮影したのですが…屋根の鯱が切れてしまっています。まだまだ写真のクオリティが低いですね…。

この直後、右側に写る雁木を下りる途中で、雨に濡れた石段で足を滑らせ、思いきり転んで(尻もちをついて)しまいました。お尻はめちゃめちゃ痛いわ、咄嗟に支えた手は血だらけだわで、テンション急降下です。雨中のお城訪問は、くれぐれも足元に注意しましょう…。

二の丸建物は無料公開中ということで、入ってみます。

二の丸建物には平櫓との接続部間際の多聞櫓から入ることができます。入口付近から振り返ってみると、多聞櫓と石垣との間に板庇が付けられています。石垣への雨水流入を防ぐためでしょうか。東側にも、このように石垣ギリギリまで多聞櫓が建っていたんですよね…やっぱり復元してほしかった…。

順路はまず、平櫓を指しており、係員の方にもそちらを先に見るよう促されたので、多聞櫓から平櫓へ入る階段を上ります。

平櫓の窓から、多聞櫓の外側と、その先に連なる太鼓櫓が見えます。これは素晴らしい光景!

平櫓内部です。柱で囲われた畳敷きのエリアがありますが、当時もこのような作りだったのでしょうか。

二の丸の説明板で、主に建造物について解説されています。漆喰総塗籠もいいですが、真壁造や下見板張の武骨さはたまらないものがありますね。大好きです。

平櫓と表御門は接続されておらず、平櫓からこちらの通路を渡って表御門の二階櫓部分へ入ることができます。

表御門の櫓内部にはこのように平櫓・太鼓櫓の構造模型が展示されていたのですが…櫓内全景写真のブレが酷いです。暗い室内での撮影は注意が必要です。

表御門より、今度は内側からの多聞櫓とその先の太鼓櫓を見ます。うーん、この角度も良いですね。

表御門と平櫓の間に設けられたプチ庭園風の空間です。当時はさすがにこのようなものは無かったと思いますが…塀と櫓に囲まれて砂利が敷かれ石が置いてあるだけで、なんというか、風情が醸し出されるものですね。

 

表御門から平櫓を通り抜け、多聞櫓へ向かいます。

細長い多聞櫓の内部には、さまざまな展示物があります。

二の丸復元模型です。この模型では東側にちゃんと多聞櫓があるのに、実際は復元されておらず本当に残念…。(しつこいですね、すみません)

再建天守の初代鯱瓦です。現在の鯱は三代目だそうです。

鳥籠山城跡の再現ジオラマです。

こちらは日本100名城のひとつ、吉田郡山城の全域模型です。いずれ訪問したいお城です。

多聞櫓の端まで歩くと、太鼓櫓との接続部分に階段があります。そしてその先にも階段が見えます。

こちらは太鼓櫓の二階へ上がる階段ですが、見てのとおり上がれません。

太鼓櫓なので、太鼓が置いてあります。楽器としてではなく、時を告げ、合図を出すための太鼓です。

太鼓櫓一階の全景です。二階、上がってみたかったです。

 

二の丸を堪能したので、本丸へ向かいます。

土橋の手前に、本丸を案内する標柱があります。土橋を渡ると、本丸です。

本丸の正面入口となる、中御門跡の枡形虎口です。

虎口から振り返って二の丸を見ます。当時も本丸側からは二の丸が丸見えだったようです。

虎口西側の石垣、隙間が多くてヒヤヒヤします。

中御門跡です。奥の石垣との間に櫓門が建っていたようです。

中御門内側より、虎口を振り返ります。変色した石は、被爆時の火災の影響だそうです。

二の丸にもありましたが、本丸虎口の石垣裏側にもこのように合坂になっている雁木があります。

合坂の西側から、虎口石垣に上がることができます。

当時ここにどのような櫓や塀などが建っていたのか分かりませんが、わずかに残る石積みは何かを訴えかけてくるような気がします。

 

内堀を見ながら、本丸外周石垣に沿って歩いてみます。

このあたりからは、二の丸入口がよく見えます。

さらに西へ歩くと、石垣の張り出し部があります。当時は櫓が建っていたのでしょうか。等間隔に並ぶコンクリートの短い柱は、後世の建造と思われます。

本丸の南西隅にも高くなった石垣の張り出しがあります。隅櫓が建っていたのでしょうか。石段は後世に増設されたようにも見えます。

こちらの雁木は(石段自体は修復されているようですが)当時からここにあったように見えます。隅櫓への入口だったのでしょうか。

南北に長い櫓台のような石垣を下ります。この石段も後世の増設でしょうか。石垣自体も石の色に違いがあり、修復したようにも見えます。

さらに北上し、石段を下ります。このあたりの石垣は大幅な修復・改変の跡が見えます。

さらに進むと、本丸内側に土塁と石垣による盛り上がり、さらにその先には石段があります。本丸には下段と上段があり、護国神社より北側の一段高くなった上側が本丸上段のようです。

外側にはこのように、低い石垣が本丸を囲っています。木の左側は、石垣の上へあがるための雁木でしょうか。

さらに北へ歩くと、立派な石垣が現れます。

内堀沿いの低い石垣と、本丸北西部の高石垣と。

綺麗に加工された石樋があります。矢穴のついた石も多く見られます。

この低い石垣も、なかなかに味わい深いです。

おっと、これ以上は本丸外周を進めないみたいです。

こちらはおそらく、南小天守の石垣です。

そして石垣下から見上げる大天守のド迫力!

 

これ以上本丸外周沿いに歩けないため、先ほどの石段から本丸上段へ入ります。

何故か二列になった、本丸上段への石段です。後世の改変にも見えますが、はたして。

石段を上がると、綺麗に加工された石積みが見えます。昭憲皇太后御座所跡、だそうです。

こちらが御座所の玄関だったのでしょうか。

このあたりは石垣の損壊が激しく、当時の形状や役割を想像するのが困難な状態です。奥に見える蔵風の建物は、公衆トイレです。

南小天守南側の石垣は比較的良好に残っています。

後世に増設されたであろう階段から、南小天守台へ上がります。

南小天守台、実にこれだけの高さがあります。

南小天守台よりさらに高い石垣の上にそびえる大天守、近くで見るとますますカッコいいです…!

最近作られたと思われる屋根付き廊下から南小天守台を振り返ります。当時はどこからどのようにして、大天守へ入ることができたのでしょうか。

入口の付櫓(?)の中には、天守台石垣が見えます。

天守内部には、素晴らしい城郭模型もあったのですが、展示物は一部を除き撮影禁止だったので、撮影可能だった展示だけ紹介します。

武家屋敷を再現した一角で、式台と冠木門です。

床の間と、書見台です。

こちらは商家です。箱膳、当時の生活が垣間見えて興味深いですね。

そして、大天守最上階からの展望です。

こちらは東側です。東小天守台が見えます。

こちらは南側です。南小天守台や公衆トイレ、奥には護国神社も見えます。

こちらは北西角です。下で確認した中堀石垣とコンクリートとの境界は、天守最上階からもはっきりと見えます。

天守最上階の外壁です。華頭窓が広島城の良い表情を作っています。

 

天守を下り、本丸の残り部分を見て回ります。

天守のそばには、天守礎石が展示されています。説明板によると、今なお天守台に埋もれている礎石もあるようです。

右手が東小天守台です。大天守台との間に長い石垣がありますが、当時東小天守と大天守とは多聞櫓で連結されていたのでしょうか。

東小天守台脇の崩れかけた雁木から、石垣に上がれそうです。

石垣上から、本丸外周北側の、複雑な形状をした低い石垣が見えます。

東小天守台あたりから見る大天守です。うーん、渋い。

天守を背に、東小天守台を見ます。

東小天守台の東側に続く石垣も、かなりの高さがあります。奥に見える石垣の張り出し部には、櫓が建っていたのでしょうか。

東小天守台に連なる石垣の内側にはこのように、雁木が多数設けられています。

ここまでは良く残っていた石垣が、東端付近だけこのように崩壊しています。福島正則が壊した跡、と言われているそうです。

その福島正則が壊したとされる付近の石垣には、刻印がいくつも見られます。

本丸の北東隅、一段高くなった石垣と、それに続く石垣及び合坂の雁木です。北東隅には、隅櫓が建っていたのでしょうか。

本丸北側外周石垣に沿って、大天守方向へ歩きます。

東小天守台と、外周石垣がせり出した所との間です。仕切門などがあったのでしょうか。

それにしてもこの複雑な形状の低い石垣、なんとも心惹かれてしまいます。

外周石垣にもこのように雁木が多数設けられており、この石垣にいくつも存在する雁木も広島城の特徴のひとつではないかと思います。

 

本丸外周北側から、東側へ向かいます。

本丸外周石垣が高くなっている部分が、裏御門跡です。

裏御門跡の石垣及び標柱と、その南に連なる本丸外周石垣です。右奥の石垣張り出し部には、それぞれ櫓が建っていたのでしょうか。

ここに櫓門である裏御門が建っていたようです。かなり巨大で立派な門だったのでしょう。

裏御門跡の外側には、「史跡 広島城跡」の石碑が立っています。

裏御門跡の全景です。門に対してやや北側に土橋が設けられており、直進できないような構造になっています。外枡形虎口、ということになるでしょうか。

 

裏御門跡から、本丸に戻ります。

裏御門跡を入ってすぐの石段は後世のものに見えますが、脇にある石垣は当時のものにも見え、判然としません。

本丸上段にある、広島大本営跡です。江戸時代当時には、このあたり一帯に本丸御殿が建っていたようです。

南側の石段から、本丸下段へと下ります。この石段脇の石垣は当時のお城のものではないかと思うのですが…うむむ。

本丸下段にある、広島護国神社です。

本丸南東隅の櫓台と思われる石垣から、裏御門跡方面を見ます。複雑な石垣の凹凸、良いですね。

本丸南東隅から見る二の丸です。本当にしつこいですが、あの生垣部分に多聞櫓が復元される日を願ってやみません。

本丸南東隅から、中御門方面を見ます。ここと中御門の間の石垣は、多聞櫓が建つにはやや幅が狭いように見えます。

本丸南東隅の石垣にはこのように、後世に増設されたであろう石段から上がれます。

そして先ほどの石段の向かいには、当時のものと思われる雁木が。

入った時とは別角度から見た中御門跡石垣です。巨大な鏡石に、いくつもの矢穴や、未発達に見える隅部の算木積など、これだけでも見所たくさんです。

被爆樹木のユーカリです。何か…禍々しさを感じてしまいます。

そのユーカリに抱かれるように隠れていた、城郭全域図です。この図左下には「櫓の総数102」とありますね…まあ所説あるのかもしれませんが、広島城が非常に多数の櫓を持つ大規模な城郭であったことは間違いないのでしょう。

こちらはパセーラのレストランフロアから見た本丸・二の丸です。二の丸復元建物と再建天守を同時に収めることができました。改めて眺めると、護国神社が本丸御殿のように見えてしまいます。

 

ここからは、天守フォトコレクションです。

西側からです。右のビルをうまいこと木が隠してくれています。

広いお堀に浮かぶような広島城。お気に入りの角度です。

三の丸跡から望む遠景です。張り出した本丸南西石垣もカッコいい!

同じ場所でズームしてみると、ビル等がなく、EDOっぽい雰囲気が出ました。お堀には「逆さ天守」も写っています。

西側からもズーム。天守だけを綺麗に捉えた、個人的ベストショットです。

 

遠くから眺めてよし、近くで圧倒されてもよしの再建大天守だけでなく、石垣もよく残存し楽しめる本丸。そして見事に復元され当時の雰囲気を存分に味わえる二の丸。今のままでも素晴らしいし、今あるものを活かして整備が進めばもっともっと魅力をアピールしていける可能性を感じます。

 日本100名城スタンプラリー、こちらで2城目となります。

 

素敵なお城でした。ありがとう。

17-2.大坂城

大坂城に行ってきました。

日本100名城(No.54)に選ばれた、大阪府大阪市にあるお城です。

 

今年二度目の訪問は、つい先日買った100名城公式スタンプ帳を埋めていくためというのもありますが、一番の目的は次の写真です。

そう、櫓の内部特別公開です。大坂城に今も残る現存建造物の中を見せてもらえるという素敵イベント。これを逃す手はありません。

 

前回は天満橋駅から歩きましたが、今回は森ノ宮駅から向かいます。

本丸の東にある市正曲輪の石垣と東外堀です。広大なお堀に浮かぶ複雑な折れ曲がりの石垣は目にするたび見惚れてしまいます。

写真の一番高い石垣の上には巽櫓があったようです。

玉造口から入っていきます。

大坂城の至る所で、このような幅広の雁木と上端に銃眼のある石垣が見られます。ここには控柱もあり、当時、銃眼付石垣の上には塀が建っていたことが分かります。

ここはまた格別幅広な雁木と、左には妙なカーブを描く石垣があります。当時このあたりには玉造口の櫓門が、奥の石垣から手前の横断歩道方向へ、道を横切って建っていたようなので、車道を通すにあたって石垣が改変されたのかもしれません。

 

超幅広の雁木を上り、石垣の上へ行きます。

フェンスが設置され、東側には行けなくなっています。

南外堀と、いくつもの折れ曲がりがある石垣です。右手が二の丸、左奥が算用曲輪です。木の向こうに、現存一番櫓がのぞいています。

 

二の丸方面へ向かいます。

市正曲輪と二の丸の境界あたりから見た、本丸石垣と内堀(空堀部分)です。綺麗に算木積みされた隅部は巨石ばかりで、さすがは本丸です。

振り返ると、市正曲輪と二の丸を仕切っていたと思われる石垣があります。左の見事な切込み接ぎ石垣の右あたりに仕切門があり、右のわずかしか残っていない石垣が当時はずずいっと手前まで伸びて道を塞いでいたと思われます。

現存の六番櫓です。扉のサイズで大きさが伝わるでしょうか。二階部分の漆喰の色の差がちょっと気になります。櫓も巨大ですが周囲の雁木もかなりのスケールです。

櫓特別公開、こちらの六番櫓は対象外なんです…残念。

 

南仕切門跡を抜け、西の丸へ向かいます。

二の丸・本丸間の空堀を巨大な配管が横切り、堀底と石垣は草木に覆われ、ここだけ切り取ると廃墟と化した異世界感が漂います。

この立派な門をくぐると西の丸庭園です。櫓特別公開のチケットはここで売っていると思ったら、違いました。

 

チケット売り場を教えてもらい、無事購入。いよいよ櫓の内部へ向かいます。

レンガの壁と石垣のコラボレーションというのもなかなか素敵です。レンガ壁は戦時中の建造でしょうか。それにしても切込み接ぎ石垣の複雑な石の組み方といったら…たまらんです。

幅広の雁木をのぼり、入口へ向かいます。

まずは、大手門の多聞櫓です。大坂城の貴重な現存櫓であり、全国的にも貴重な現存大手門でもあります。

禁止事項がたくさんありますが、スタッフに訊いたところ、内部の写真撮影はOKとのことで、ありがたいです。

普段は見られない位置から見る大手門枡形南面の石垣・塀と外堀です。手前の銃眼付石垣をよく見ると何やら模様が彫ってあるようですが、刻印でしょうか。

 

それでは、櫓の内部に入ります。

おお、これは…素晴らしい!

梁が描くこのカーブ!

多聞櫓の西側は廊下、東側には籠城のための部屋がずらり。

多聞櫓内からのぞく、大手門外側の高麗門です。

枡形内部に向けて、この銃眼がびっしり並んでいるのです。

櫓門の上部、北側多聞櫓への連結部分です。ちょっと写真ブレちゃってますね…。

来た道を振り返ります。いやーいいですねえ。

櫓門の上部は、先ほどまでの廊下と部屋の組み合わせではないので、広々としています。

かつては桜門枡形や京橋口にも多聞櫓があったようです。

太鼓櫓の古写真も残ってるんですね。

次の部屋が、櫓門のちょうど真上にあたります。

本丸・二の丸に20を超える巨大な三重櫓・二重櫓が立ち並んでいた様は、さぞかし壮観だったことでしょう。戦災などでの焼失は本当に残念ですが、それでも、こうして現存してくれている櫓があることに、感謝です。

石落としならぬ槍落としです。まあ、機能的にはどちらも似たようなものだと思いますが。

櫓門上部からのぞく大手門枡形内部です。

櫓門はもちろん外から見ても大きいのですが、中に入って一層その巨大さを体感しました。

このあたりは外堀に面しているからでしょうか、銃眼があります。

大手門の多聞櫓出口です。左奥に、次に入る櫓が見えています。

この角度から見る大手櫓門も、普段は見られません。しかし本当にでかいです門。

こちらの銃眼付石垣にはちゃんと塀があり、塀自体にも狭間があります。

ここの階段状になった塀すごく好きなんですが…基礎も塀自体もコンクリートっぽいので後世の建造でしょうか。

次なる櫓内部特別公開は、千貫櫓です。大手門のすぐ北に現存する二重櫓です。

千貫櫓内部から見る、大手門の外側です。

残念ながら二階へは上がれません。

中はとても広いです。

体験用の火縄銃があります。

千貫櫓を出たところから外堀を眺めます。右奥の石垣には坤櫓があったようです。

順路が示されていますが、少し西の丸を散策します。西の丸庭園への入場は有料ですが、今回は櫓特別公開のおかげで千貫櫓から入れています。

中を見てきた千貫櫓を振り返ります。

坤櫓台から見る、千貫櫓と大手門です。

 

そして、前回はお堀の外からしか見ていない、西の丸西北にある乾櫓です。

このL字型! かっこいい!

乾櫓は、残念ながら今回の内部特別公開は対象外です…。

 

もう少し、西の丸を散策します。

立派な蔵…ではなく、トイレです。こうやってちゃんとお城風に建てられた施設、僕はとっても好きです。このトイレは本当に立派で、遠目からだと本当に蔵に見えるので素敵です。

大阪迎賓館です。歴史的建造物に見えますが、二条城の御殿を模して1995年に建てられたようです。

迎賓館内部です。格天井も御殿風です。黄金の茶室が設置されています。

西の丸には当時、蔵が立ち並んでいたようなので、そういう意味でも先ほどの蔵風トイレはいい仕事だと思うのです。

 

そして。

特別公開のトリを飾るのがこの、焔硝蔵です。

この重厚さ! 他の城郭建築と比較しても、明らかに異彩を放っています。

出入口には何重もの鉄扉があり、内部空間は狭く、いかに壁や天井が分厚いのかが分かります。

いやーしかしカッコいいです。これはいいものです。

屋根瓦には、葵の御紋です。

こんな現存焔硝蔵が見られるのは全国でも大坂城だけ、なのです。

そんな焔硝蔵のある西の丸ですが、現存する蔵は他にはありません。現在は西の丸の大半が広大な公園と化しています。

西の丸の北東にある北仕切門です。ここからは出入りできません。

西の丸から見る天守、素晴らしいです。ビルなど現代の建築物も写っていないのでEDO気分を味わえる自画自賛ショットです。天守の前の一段低い石垣は、隠し曲輪です。

西の丸の東側、このあたりだけ本丸側へ出っ張っています。何か意図があっての構造なのか、ちょっと気になります。

西の丸庭園を出ます。櫓特別公開の対象は、先ほどの焔硝蔵で終わりです。

 

本丸へ向かいます。

桜門からのぞく蛸石と天守です。

桜門向かって右側の塀は漆喰が剥がれているように見えますが、塗り直し中でしょうか。

桜門の東側を、石垣に沿って歩きます。

戦災によるものでしょうか、石垣の劣化が目立ちますが、塀を建てていたと思われる綺麗なほぞ穴を見るとゾクゾクします。

当時はこの先に見える石垣の折れ部分に、巨大な三重櫓が建っていたのでしょう。

 

本丸の西側へ行きます。

日本庭園です。昭和に整備されたということは、江戸時代にはここに庭園はなかったのでしょうか。

西側の石垣上から桜門を眺めます。

本丸南西の隅櫓が建っていたであろう付近から、二の丸方面を見ます。左に屋根だけ見えるのが六番櫓です。

このあたりの内堀はずっと空堀です。堀の外側に比べて本丸石垣の高さといったら!

石垣の角を含めた構図、好きなんです。ここの石垣にもほぞ穴が。

このあたりにも櫓があったようです。ここから見る天守も良いです。このあたりから西側の内堀は水堀となっています。中央左に隠し曲輪が良く見えます。

ライトアップ用照明が設置されたここも、かつての櫓台のようです。

 

それでは、天守に向かいます。

んん、金明水は当時黄金水で、金明水は別の場所にあったとありますね…ややこしい。でもこの井戸屋形は当時のものなんですね。すごい。

天守台石垣にも雁木と銃眼があります。

天守入口脇には、刻印のついた石が置かれています。

入口付近から見る天守の一層です。石垣上端には銃眼が見えます。

 

天守内部は博物館となっており、豊臣大坂城と徳川大坂城の精巧な模型など素敵な展示がたくさんあるのですが、残念ながら撮影禁止でした…。個人的には模型だけでも撮影可能にしてほしいところですが、現状仕方ありません。

 

展示が撮影できないので、最上階からの眺めを撮影します。

天守東側の配水池です。大きな池があるわけではなく、がらんとした広場に見えます。左手には青屋門と、その奥に大阪城ホールが見えます。

ミライザ大阪城の向こうに見える屋根は、一番櫓でしょうか。

今は広場と化した本丸に、当時は御殿がびっしり建っていたのでしょうか。奥には修道館と六番櫓の屋根が見えます。

天守台を見下ろします。井戸屋形の屋根と、エレベーターの屋根が見えます。

ん? エレベーターの小天守台への連結部分、石垣を壊して通路を設けたようには見えませんね…石垣の形状は当時からこうだったのでしょうか。

左は本丸石垣で、右側が西の丸の本丸側に突き出た石垣です。内堀の空堀と水堀の境目も見えます。左奥には、千貫櫓と大手櫓門の屋根が見えます。

西の丸方向です。わずかに乾櫓の屋根が見えています。

天守下仕切門あたりの石垣です。

姫門跡と、山里口出枡形です。上から見下ろすと、石垣の形状が非常によく分かります。

金色の鯱と、山里門枡形・極楽橋方面です。右奥にちらりと大阪城ホールも見えます。

 

最上階からぐるり周囲を撮影したところで、下ります。

やはりこのエレベータ通路を通した小天守台石垣は石も古く(戦災での劣化も見られ)、もともとこの形状だったように思えます。でもここにかつて門があったとしても、この外側は高石垣のため簡単には降りられません。ううむ…。

平日ですが、観光客でいっぱいの大坂城です。

天守入場券売り場すぐ横です。この高石垣!

さて、城郭にはどうにもミスマッチな、天守脇のエレベーターですが…。

説明板によるとここには当時、二階廊下があり、本丸御殿と天守をつないでいたそうです。なるほど! もともとあった通路にエレベータを設置したというわけですね。小天守台石垣も当時のままであることに納得しました。

しかしそれなら、もうちょっとこう…二階廊下風なエレベータには出来なかったのかと、どうしても思ってしまいます…。

 

本丸を北の姫門跡から出ます。

隠し曲輪から山里口出枡形方向を見ます。

くっきりと残る卍の刻印を確認できました。

隠し曲輪入口脇の石垣にのぼってみます。

隠し曲輪入口を見下ろします。雁木の両端に、柱穴のようなものが見えます。当時は埋門があったようです。

山里丸へ通じる、山里口門跡です。こちらの石垣にもしっかり雁木と銃眼があります。

石垣に生々しく残る、機銃掃射痕です。

山里丸の北西にかなり大きな櫓台が残っています。ここにも櫓が建っていたようです。

山里門の巨大な枡形を見下ろします。このあたりは真新しい石材が多く、修復されたことがうかがえます。

 

極楽橋を渡り、二の丸北側へ行きます。

二の丸唯一の三重櫓、伏見櫓跡です。伏見城からの移築と伝わる櫓はいくつかありますが、徳川大坂城の伏見櫓は実際のところどうだったのでしょうか。

伏見櫓跡から京橋口方向を眺めます。

西仕切門跡です。向こうに見える長屋風のトイレと御座船チケット売り場が良いですね。

ん? あの石垣は櫓台…?

いや、ここに櫓はなかったようなので、どうやら東仕切門の石垣みたいです。こういう石垣もひっそりと残ってるのが嬉しいですね。

東仕切門のさらに東にあるのが、青屋門です。

残材を用いて再建したとあるので、半現存…といったところでしょうか?

脇の石垣上から見た青屋門です。当時は左奥にずーっと多聞櫓が続いていたようです。

青屋門外側、出枡形の石垣です。青屋門は外堀に四つある門のうち唯一の出枡形で、現在はここで外堀が分断されていますが、当時は出枡形から算盤橋が架かっていたようです。

こちらは内堀です。右側が山里丸で、左の高石垣が本丸です。

青屋門の出枡形内部です。

出枡形の北側出口です。今は単なる坂道ですが、当時はこの先に算盤橋があったのでしょう。

 

青屋門を出るとすぐ、大阪城ホールです。

城跡ではないのですが、大阪城ホールの石垣があまりに美しかったので思わず撮影してしまいました。

 

帰りは大阪城公園駅から電車に乗ります。

天守内の模型が撮影できなかったのが心残りでしたが、なんと駅の改札内に精巧な模型が! 当時の様子でなく現状を表したものですが、それでもありがたく撮影しました。

しかし、後で写真を見直して気付いたのですが…六番櫓の位置が違います。

 

というわけで、櫓内部特別公開をたっぷり堪能し、前回行けなかったエリアも回ることが出来て、非常に満足のいく二度目の訪問になったと思います。とはいえ大坂城は広大で、見るべきポイントはまだ山ほどあります。なのでまた必ずや、訪れることでしょう。

 

そして、日本100名城スタンプラリー、こちらが記念すべき1城目です。

スタンプラリーの存在を知っていながら参加せず、東北の名城まで訪れた後に結局始めてしまうという、尋常じゃない周回遅れ感を背負ってのスタートです。しかし、「スタンプのために一度訪れたお城にまた行かなくてはならない」などと思わず、「スタンプを理由に再び名城を訪れることができる」と考えることにします。

やるからには 頑張って制覇したいです、100名城。

 

素敵なお城でした。ありがとう。

34.盛岡城

盛岡城に行ってきました。

日本100名城(No.6)に選ばれた、岩手県盛岡市にあるお城です。

もりおか歴史文化館の入口付近にある、盛岡城跡公園の看板(?)です。「日本百名城」とあることからも、比較的新しいものと思われます。

三の丸の北側にある、盛岡城跡の案内・説明板です。城下町全体図を見ると、北上川の流路が現在と大きく異なるのが分かります。盛岡城をえぐる勢いで、めっちゃ蛇行してます。

 

まずは、下曲輪跡へ行きます。

下曲輪北西隅の外側の堀です。紫陽花やら何やらが生い茂ってて水面すら見えませんが、堀の外側土塁は良好に保存されており、石垣?のようなものも土塁上部にわずかに見られます。

下曲輪北東隅です。こちらはお堀の水面が見え、内側・外側の土塁形状からも、お城のお堀っぽさを感じます。今は断片的にしか残されていませんが、当時はこのお堀と北上川がひとつながりで、盛岡城の周囲をぐるりと囲んでいたようです。

…うーん、このアングルはひどい。下曲輪の中心を県庁方面へ抜ける道で、電柱の奥に見える2本の柱は鳥居の下部なんですが…なんだってこの位置、この角度で撮影したんでしょうか。

当時もここには道があり、この道を手前側に歩いて堀を渡ったところに綱門という下曲輪への入口があり、桝形虎口を形成していたようです。また下曲輪には当時、勘定所があったようです。

時鐘です。もとは城外にあったようです。江戸期から残る貴重な藩の遺構です。鐘楼もかなり古そうに見えますが、当時のものでしょうか。

時鐘が設置されている場所は、下曲輪の土塁がよく残っています。

 

下曲輪南側の道路を渡り、盛岡城跡のメインエリアへ向かいます。

三の丸下、東側の道です。右手が三の丸、左手は堀です。こちら側はお堀がまだ残っています。

右手に三の丸石垣が見えてきました。

石垣手前の、石垣上へと上る石積み・石段は、後世の追加のようです。

細い道を抜けると、開けた場所に出ました。台所跡です。

見渡す限りの高石垣! 前日から見てきた弘前城・久保田城が土塁のお城だったので、しばらくぶりの石垣にテンション上がります。やはり石垣はいいものです。写真は三の丸南側の石垣です。

いやーそれにしても素晴らしい。あちらにも石垣、その隣にも石が…石? ちょっと、あれ何ですか(写真中央)。どうみても石垣じゃなくて、ただの石ですよね。しかも、とんでもなく巨大な。

(ちなみに、写真右が三の丸石垣、巨石をはさんで写真左が二の丸石垣です)

ちょうど石の近くへ行けそうな坂道があったので、とりあえず接近します。

この坂を上ったところに三の丸へ入る「不明門」があったようです。

近くまで来ましたが、やはりこれは、石です。なんと立派な巨石…大学で地質学専攻していた血が騒ぎます。

坂を上り、振り返ると、道沿いに二の丸石垣が見えます。石垣に根を張っていた巨木の伐採された跡があります。

道の右手が二の丸石垣です。道の中ほどに、少し低い石垣ブロックが見えます。調べたところ「はばき石垣」と呼ばれ、石垣の崩壊を防ぐための石垣、らしいです。

 

不明門跡を北上し、三の丸へ入ります。

三の丸東側にある烏帽子岩です。確かに思わず拝みたくなる素晴らしい巨石です。そして説明板前の石もかなり巨大です。

烏帽子岩付近から台所を見ます。三の丸もかなりの高さがありますが、二の丸・本丸はさらに高所にあります。

烏帽子岩からさらに東の、少し低くなった場所です。右奥が烏帽子岩です。左手にもとんでもない巨石があります。調べたところ、盛岡城花崗岩丘陵に築城されたようで、そもそも城域全体が巨大な花崗岩、ということらしいです。

そうか、それで石垣石はいくらでも現地調達できたから東北地方には珍しい総石垣のお城が築城可能だった…のかもしれません。あくまで想像ですが。

烏帽子岩の西側にも巨石が埋もれており、あっちもこっちも巨石だらけ、三の丸だけ見てると失われた巨石文明の遺跡みたいです。超興奮します。

そして巨石のさらに西側にはストーンサークル! …ではなくて、おそらく井戸跡でしょうか。

そんな、建物は一切残っていないけれど、とっても楽しめた三の丸跡です。

右の太い道の先が二の丸で、その左の細い道が先ほど撮影した二の丸石垣前の通路です。

三の丸の北出入口、瓦門跡です。坂道に高石垣による立派な枡形虎口がしっかり残されています。

坂を下り、左に曲がって振り返ったところです。道の曲がり角すぐ、色が違う部分の先に瓦門が建っていたようです。

石垣の隅部はシャキーンと尖っていてカッコいいですが、なんだか崩れかけているように見える部分も多く、一部ブルーシートがかかっています。修復するのかもしれません。

このあたりは、非常にたくさんの矢穴が見えます。

三の丸の下から見た烏帽子岩です。巨木に乗っかられて石垣の隅がしんどそうです…。左奥に見えるのは櫻山神社で、もとは淡路丸という腰曲輪にあり、現在は初代藩主の南部氏・南部家の初代などが合祀されているそうです。

「史蹟盛岡城̪趾」という古そうな石碑が瓦門跡の前にあります。城跡碑と枡形石垣の組み合わせ、良いですね。このもう少し北側には、下曲輪へと通じる鳩門があったようです。

石碑のすぐ右にある案内板です。現在の公園案内と、当時の門・橋の名称を載せた古絵図とを並べてあり、対比できるのが良いですね。

この写真も…なんとも残念なアングルです。もうちょっとどうにかならんかったのでしょうか。反省しきりです。

現在堀が残っているのは下曲輪周辺と三の丸下~台所東側、そしてこのあたりだけです。撮影した位置付近が当時の船入で、少し奥には、左側の外曲輪エリアと右側の新御蔵エリアをつなぐ土橋が架かり、土橋を渡ってすぐの新御蔵エリアには桝形門があったようです。

 

ここからお城の西側を、石垣に沿って南へ歩きます。

高石垣を左手に見ながら歩きます。このあたりは三の丸石垣です。

石垣が大きくこちらへ張り出してきます。ここから南は二の丸です。

二の丸のさらに石垣が張り出した部分です。石の隙間が見えると、はらみ・崩壊のおそれがあるのではと心配してしまいます。

どうしても石垣の隅部を見ると、撮影したくなります。

そしてまたもや石垣の張り出しが出現します。が、少し様子が違います。

ここだけ、石垣が三角形状に張り出しているのです。これまで見てきた石垣は基本的に四角形の組み合わせだったので、この形状には驚きです。この上が榊山稲荷曲輪らしいです。

さらに南へ歩くと、腰曲輪の石垣と、その手前の坂道が見えてきます。写真右手にある説明板を見に行きます。

説明板を読みます。現況図と当時の復元図、発掘調査時の写真まで掲載され情報量が豊富です。

なるほど、先ほどの坂はもともと急な石段で、明治期にゆるやかな坂になるよう石を積み増したようです。訪問時には江戸期と明治期の吹上坂石垣の境界を見つけることはできませんでした。

で、歩道脇に表示してあるという坂下門の柱跡をしばらく探し回っていたのですが…おそらくこれだと思います。説明板のさらに南に、縁石を凹ませて、切り株色の丸がふたつあります。

 

吹上坂は上らず、さらに石垣に沿って南下します。

二の丸でもありましたが、ここにも石垣の基部に「はばき石垣」が積まれています。

やはり隅を撮影してしまいます。

この石垣は実に素晴らしいです。芸術です。

腰曲輪の南側を、東へ歩きます。

木の向こうに、建物の壁が見えてきます。

でか! めちゃめちゃでかい蔵があります。盛岡城唯一の現存建造物、彦御蔵です。

説明板を読みます。もともとは五つ前の写真にある低い石垣の手前に建っていたようですが、道路拡張に伴い現在地へ移築されたようです。

それにしても巨大な蔵です。これだけで、盛岡城のスケールの大きさを垣間見た気がします。

さらに東へ歩きます。

きました! 石垣隅部の連続!! これもう、本当たまりません。この石垣隅部の上には、当時L字型の二階櫓が建っていたようです。

隅部の連続を過ぎ、北上します。当時、写真右の道には鍛冶屋門があり、曲輪を南北に区切っていたようです。

右手土塁の下には内堀からつながる水路が見えます。そして右奥には、巨石。

 

石垣の周囲を回って、台所まで戻ってきました。

腰曲輪石垣の前にある左右から上れる石段は、後世の改変のようです。

改変石段の場所から右手方向です。右奥が二の丸、左奥が本丸です。

先ほどの道をまっすぐ進むと、角に大きな石があります。写真は左手側で、右の坂道を上がると本丸へ入れます。

こちらは右手側で、二の丸石垣と、はばき石垣が見えます。

右が二の丸、左が本丸で、この道は石垣の谷間にある空堀です。本丸と二の丸をつなぐ太鼓橋が見えます。ここには当時、太鼓橋ではなく廊下橋が架かっていたようです。

 

太鼓橋をくぐり、本丸の西側にある榊山稲荷曲輪へ向かいます。

この石段の先が榊山稲荷曲輪です。下から石垣を見ると見事な三角形でしたが、ここから見ても柵が三角形になっているのが分かります。曲輪の名称からして、稲荷神社があったのでしょうか。

石組井戸があります。

北端に謎の石垣群があります。調べたところ、二の丸改変の際に撤去された石垣の石材ではないか、と考えられているようです。

榊山稲荷曲輪から見た吹上坂です。右の歩道には、坂下門の柱跡表示がわずかに見えます。当時の吹上坂は坂下門の位置からしてもっと南で終わっており、相当に急な石段だったのでしょう。

埋門のようになっている榊山稲荷曲輪への出入口です。石段も石垣もガタガタです。

 

腰曲輪へ戻ります。

本丸南西部の石垣です。前にある説明板のサイドには、ここは「腰曲輪」、と説明があります。

説明板を読みます。どうやら築城期石垣の上にどーんと本丸石垣を築いたようです。ほかの部分より石垣の規格がそろっているのは確かに感じるし、矢穴のついた石も多いです。

 

さっきは上らなかった吹上坂に行ってみます。

上から見た吹上坂です。右手石垣の隅部は綺麗に加工された巨石が使用されています。

吹上坂のてっぺんです。正面石垣の上は見晴らしがよさげですが、当時はやはり櫓が建っていたようです。

吹上坂を曲がったところです。ここに吹上門が建っていたようです。枡形虎口を形成する正面の石垣は、当時はもう少し左側まで伸びていたようです。

門の内側から見た枡形虎口です。左が短くなってしまった枡形石垣です。

吹上門横の櫓台あたりから見た、腰曲輪南面の石垣です。この高さ、この美しさ! 石垣下には彦御蔵が見えます。

吹上門横の櫓台には、四阿が建っています。

説明板横の解説によると、説明板前の、鳩が歩いている道のあたり一帯が馬場だったようです。

説明板を読みます。築城以来あちこちで改修が行われている盛岡城ですが、ここ腰曲輪では大きく四度の変化があったようです。

説明板逆サイドにある解説です。本当に情報量が多くてありがたいです。

というわけで、こちらの石段は明治期の改変だそうです。

腰曲輪、けっこうな広さがあります。

めちゃめちゃ古そうな「宝蔵跡」という案内柱があります。左の四角い石積みに、当時宝蔵があったようです。

宝蔵跡付近にある、やや古そうな案内板です。銀の板に彫刻してあるので、光って見づらいですが、お城にあった門などの名称は詳しく書かれています。「もりおか歴史文化館」が付け足されているのが分かります。

またも、情報量が多いタイプの説明板があります。サイドでは「御宝蔵」の位置説明をしてくれています。

説明板を読みます。腰曲輪には三基の櫓と宝蔵、そして吹上門が建っていたようです。また、現在三の丸北東にある桜山神社は、もともと腰曲輪東部にあったようです。

説明板逆サイドには、また新たな情報が。

ありました。二層櫓台です。先ほど下から見て隅部の連続に大興奮していた所ですね。この二層L字櫓の北側(写真左手枠外)に単層の櫓があり、二層櫓と武者走りで連結されていたようです。

 

桜山神社跡を横切り、北へ歩きます。

公園化にあたり設置されたと思われる階段です。階段の下は腰曲輪の一段低くなっているエリアで、さらに進むと改変石段があり、その先が台所です。

西側石垣上から見た、腰曲輪下段です。奥が先ほどの階段で、写真中央に石組井戸が見えます。井戸跡がけっこうあちこちに残ってるのも良いですね。ちなみに写真左の建物は、トイレです。

腰曲輪下段を撮影した、台所側へ張り出した石垣エリアです。右手が腰曲輪下段です。現在は石畳で整備され休憩スペースとなっていますが、形状的にも位置的にも櫓台にしか見えないんですが…実際はどうだったのでしょうか。

櫓台のようなエリアの左手前には、このような石垣の坂があります。

先ほどは上らずに通り過ぎた、本丸へ通じる坂道です。今度はここを上って、本丸へ入ります。この坂を上り、右へ曲がったところに、御末門という門があったようです。

御末門の石垣を左右別々に撮影していますが…これもいけませんね。門があった場所なら左右の石垣が同時に写るよう撮影すべきでした。そもそも縄張りを把握していないのがダメです。

それはそうと、この御末門石垣は巨石をふんだんに使用していて、迫力があります。当時はこの左右の石垣をまたぐ巨大な櫓門が建っていたようです。

ともかく、本丸まで来ました。

四阿の建っている場所に、当時は三重櫓(後の天守)が建っていたようです。つまり正面の石垣は天守台ですね。

御末門そばの石段から石垣に上がります。当時この石垣上には天守のそばまで多聞櫓が建っていたようです。

西側から見た天守台です。当時もこの石段から天守へ入ったのでしょうか。

改変設置された本丸南面の石段です。ゆくゆくは撤去し、当時の姿に復元する計画もあるようです。

本丸南西隅の櫓台です。当時ここには二階櫓が建っていたようです。

北側から見た本丸南西隅の石垣です。右手下が腰曲輪ですが、当時は腰曲輪から右手の櫓台石垣まで「百足橋」なる橋が架かり、腰曲輪から直接本丸に入ることができたようです。なんとまあ面白い、個性的な構造です。二階櫓と百足橋の復元計画もあるらしく、もし実現したら是非再訪したいものです。

本丸北東部についての説明板を読みます。隅櫓と御殿が廊下で接続されていたという構造は面白いです。この遺構図を見ると、説明板の手前あたりがトイレだったのでしょうか。このあたりの石垣は綺麗だと思ったら復元されていたんですね。

本丸北西部についても、明治期に改変された櫓台を復元したそうです…が、北西石垣、撮影していませんでした。

太鼓橋を渡り、二の丸へ行きます。当時ここにあった廊下橋も復元計画があるようで、実現してほしいものです。

二の丸に来ました。

二の丸には大書院があり、廊下橋により本丸と接続していたようです。大書院いいですねー。復元は…難しいですかね。せめて平面表示でもあれば、想像しやすいのですが。

二の丸にも石組井戸があります。

二の丸は、本丸と違って周囲に櫓台なども無く、現在はただの公園という印象だったので、すーっと通過します。北側に、車門の枡形石垣が見えてきました。

二の丸北側にある車門跡の枡形虎口です。二の丸への出入口はこの車門と先ほどの廊下橋、そして南西に穴門があったようですが、穴門の枡形石垣は現在失われています。榊山稲荷曲輪にあった石垣の残骸は、もしかしたら穴門枡形のものだったのかもしれません。

二の丸車門付近から、廊下橋跡を振り返り、かつてそびえ立っていた大書院や、本丸に通じていた廊下橋に、思いを馳せます。

 車門外側から見た、車門枡形石垣です。ここも巨石を多用した立派な石垣です。

 

このほか、城跡東部にある「もりおか歴史文化館」には精密で立派な盛岡城の復元模型があったのですが、写真使用に制約があるようなので掲載は見送りました。

 

訪問時は、建物ほとんどないけどステキ石垣と巨石たくさんの良い城跡だったなー程度の感想しかなかったのですが、百足橋や、様々に改築・増設された江戸末期の情報などを知ってから俄然興味が湧きまくっています。更新にあたり、盛岡市の城跡整備基本計画書から非常に多くの情報を得られたことに感謝しています。残念写真のリベンジと、新たに得た多くのデータを現地確認するためにも、必ずや再訪したいと思います。

 

素敵なお城でした。ありがとう。

33.久保田城

久保田城に行ってきました。

日本100名城(No.9)に選ばれた、秋田県秋田市にあるお城です。

中土橋門跡付近にある、久保田城跡の大きな石碑です。

 

まず、三の丸穴門側から城跡へ入ります。

写真の道を左奥へと行ったところが三の丸の南西側入口である穴門跡で、写真右に写る電柱の左にある大きな柳の木が「穴門の柳」だそうです。

穴門の案内柱もあるようですが、訪問時は見つけられませんでした…。

穴門の柳が何なのか、よく分かりません。

久保田城跡石碑の近くにある、「久保田城郭図」です。明治元年現在、とあり、相当古いものです。久保田城の縄張りは複雑な形状をしていて、特に二の丸の突き出た部分とか、本丸のナナメな配置とか、なんだかとてもカッコいいです。

 

中土橋門跡からいったん南下します。

右手に「大手門の堀」と書かれた案内柱が見えます。左手にもお堀があり、写真の道路はお堀に架かる土橋ということになります。当時はこの土橋を渡ったところに中土橋門があり、門をくぐると三の丸に入ります。

「大手門の堀」案内柱があり、城跡の南正面入口だし、この時はここが大手門だったのだと思い込んでいました。縄張りについて予習不足で、写真もポイントを押さえられていないものが多く、悔やまれます。

 

中土橋門跡から、三の丸を北上します。

千秋公園の由来が書かれた説明板です。久保田城跡は現在、本丸・二の丸及び三の丸の一部が千秋公園となっているようです。

当時この前方には内堀があって唐金橋という橋が架かっており、唐金橋を渡り内堀を越えた先が二の丸です。現在、内堀は写真左側のみ水があり、橋の跡は舗装された坂道となっています。

唐金橋跡を渡り、右に大きくカーブしたところで、左に案内柱が見えます。

松下門跡です。この門の手前で右へ曲がり、さらに門をくぐって直進すると今度は左へ曲がらなければいけないという、東西に長い枡形虎口を形成しています。絵図などによると、先ほどの中土橋門も、穴門も、当時は枡形虎口だったようです。

道の両脇に高くそびえる土塁をよく見ると、下の方に、妙にきちんと四角く同サイズに整形された石が隙間なく積まれています。これは…?

公園案内図です。現在は2番の所にいます。

 

これから1番の所へ向かいます。

こちらの案内板には、当時の建物や門などのあった場所が細かく記されています。

 

10番の長坂へ向かいます。

長坂の脇にある説明板によると、ここ千秋公園は全国の城跡公園のさきがけ、らしいです。それにしても長い石段です…さすが長坂。

石段はここで右へ曲がります。ここの土塁基部にも石積みがあります。

石段はこの先、左へ曲がり、そこに案内柱が見えます。

道の左右には高い土塁、そして基部にはやはり石積み。この石積み、最初に見た時はあまりに形が整いすぎていたため後世の整備かと思いましたが、どうやら当時の遺構のようです。土塁の根元にだけ石垣を組んだ「腰巻石垣」という分類になるのでしょうか。

案内柱には長坂門跡、とあります。二の丸から本丸へ入るための門です。

長坂門跡には、四角く穴の開いた礎石が残っています。かなり大きな門だったのでしょう。道は舗装されていますが、ひょっとしたら石段や水路なども当時のままなのかもしれません。

長坂門をくぐると、さらに右へ曲がらされます。

非常に長い石段、道の両脇は根元が石垣の強固で高い土塁、長い坂の先は幾度も直角に曲がる道と行く手を遮る門…二の丸から本丸までのルートはおそろしく堅固です。

 

石段の先に、説明板が見えます。

表門の説明…なのですが、注目すべきは左に描かれた本丸の詳細な絵図です。これはすごい! 残念ながらこの写真を拡大しても書かれた建物等の名称が判読できません。この絵図だけ拡大して撮影しておくんでした…そして絵図片手に改めて本丸を散策したい気持ちでいっぱいです。

説明板にある、復元された表門です。でかい! 弘前城と同じくらいの高さかもしれませんが、石段の先にある分、見上げた時の威圧感がすごいです。左右は板塀と、根元は土塁ではなく石垣でガッチリ固めています。

本丸玄関口エリアです。今撮影しているあたりに「御番頭局」という門の管理小屋のような建物があったようです。右奥の木の向こうに「御物頭御番所」が見えます。

長坂からあれだけの堅固な守り、からの、本丸正門である巨大な表門という順路は、久保田城の構造的工夫やビッグスケールがうかがえてめっちゃ興奮します。表門の復元は「ここに壮大なお城があったのだ」と訪問者に体感させる手法として非常に効果的だと思います。

御番頭局跡あたりから長坂門跡を見下ろします。高低差がすごいです。

(移築を除く)久保田城唯一の現存建造物である、御物頭御番所です。保存修理が行われたらしく、江戸時代からの建造物にしては綺麗な外観です。

土足厳禁…ということは、靴を脱いだら:入っても良いのでしょうか。でも戸には鍵がかけられていました。時間が早すぎた(朝8:20頃)のかもしれません。

 

番所に入るのは諦め、表門をくぐり、本丸へ入ります。

表門の礎石が、門を入ったところに展示されています。

内側から見た表門です。門の右側に、二階の櫓へ上がる階段が見えます。

 

本丸を見て回ります。

御出し書院跡です。御出し書院とは何ぞや? と訪問当時はイマイチ理解していなかったのですが、後から調べると、天守を持たなかった久保田城の「天守格」ともいえる重要な建造物で、本丸の南西隅に張り出した天守台のようなエリアにどどーんと建てられていた古写真も残っているようです。

その御出し書院跡背後にある謎の石積み列です。当時の遺構だとしたら、石段か、はたまた水路…?

本丸から下の帯曲輪? を見下ろしています。右手の土塁が御出し書院の建っていた本丸南西隅です。ものすごい高低差です。

埋門跡です。土塁の形状や方向からすると、階段のある手前の土塁と、背の低い木の生えた右奥の土塁との間に多門長屋が建ち、その下をくぐる門があったのでしょうか。なお、右に少し写っている建物はお城とは無関係な公園のトイレです。

「御本丸跡」案内柱の向こうに、何かがあります。

銅像です。秋田最後の藩主・佐竹義堯公だそうです。二の丸南東には佐竹史料館がありますが、今回は未訪です。

 

本丸東側へ向かいます。

石段の踊り場にある裏門跡です。門は移築・改修され現存しているようです。

二の丸側から見た裏門跡です。案内柱にあるとおり、礎石が残っています。

本丸から裏門をくぐると石段は右へ曲がり、ながーく続いています。石段を下りたところが、二の丸です。

 

二の丸を北へ歩きます。

こちらは二の丸から三の丸への北東出口・不浄門跡です。車道が整備されるなど後世にかなり改変されているようです。

こちらは二の丸から三の丸への北出口・土門跡です。車道が通されていますが、周囲の土塁や腰巻石垣などはよく残っています。奥の道を右へ曲がると公園外で三の丸北側、さらに北には北の丸があったようですが、今回は未訪です。

二の丸外側から見た土門跡です。三の丸からだと左へ曲がり、門をくぐり、右へ曲がらないと二の丸へ行けないようになっています。

 

電柱のすぐ向こう、右手に坂道があります。

絵図などを見ても、当時二の丸土門あたりから直接本丸へ通じる道はなかったようなので、この坂道は後世の整備ではないでしょうか。

 

坂道を上ります。

土塁が織り成す見事な枡形虎口です。ということは、この先には…。

やはり門跡がありました。帯曲輪門とあります。先ほどの土門付近の坂道が後世の改変だとすると、この帯曲輪門は本丸と二の丸ではなく、本丸と、本丸から一段下がった北側を帯のように取り巻く「帯曲輪」とをつなぐ門だったのでしょう。

西側土塁上から帯曲輪門跡を見下ろします。枡形って…良いですね。

土塁にはこのように石段があり、土塁上を歩けます。

 

この本丸北側の土塁上を、西へ歩きます。

土塁はかなり幅広ですが、ここには多門櫓…じゃなくて、多門長屋が建っていたのでしょうか。

北側土塁の西端、木の向こうに、何やら巨大な城郭建築が見えてきました。

でかい! とんでもなくでかい! しかも望楼と高欄がある! 天守にしか見えない! でも久保田城に天守はなかったはずですが…?

なんとこれ、御隅櫓だそうです。当時ここに建っていた二重櫓を復元したもので、上に乗っている二重の望楼は改変部分とのこと。展望台的な施設が欲しかったのかもしれませんが…うーん。

 

御隅櫓の中へ入ってみます。

御隅櫓内部には様々な展示がありますが、中でも圧巻なのがこの復元模型です。三の丸・北の丸を含む城郭全域が復元され、建造物ディテールの精度は低いですが、久保田城の威容がヒシヒシと伝わってくる、素晴らしい展示です。

ずっと眺めていても飽きません。

本丸いっぱいにひしめく御殿建築もこのとおり。

御出し書院は土塁ギリギリにせり出すように建っていたみたいです。

埋門はやはり、想像したとおりの場所にあったようです。

 

御隅櫓の改変部分、望楼の最上階へ上ります。

うーん…見晴らしは非常に良いのですが、城域を見ても木が生い茂っており縄張りを見て感じることはできません。

 

御隅櫓を出て、本丸西側土塁の上を歩きます。

こちらは舗装された道があります。

多門長屋跡です。西側土塁上、埋門の南北には多門長屋が連なっていたようです。舗装された道をまっすぐ進むと、埋門跡です。

 

ここから帰路に就きます。

表門の北側にある、綺麗に整った土塁です。当時はこの上に塀が建っていたのでしょうか。

表門の二階へ上がる階段です。御隅櫓に改変望楼を作るより、この表門二階部分を(期間限定でもいいから)公開してくれた方が個人的には嬉しいです。もしくは、古写真が残る「天守格」御出し書院の復元を…。

おや、お城巡りをしている間に御物頭御番所がオープンしたようです。せっかくなので中に入ってみます。

床下スペースです。ネズミがいそうな気配です。

写真がブレていますが、たぶんおトイレです。当然使用不可です。

けっこう広いですね。

こちらは茶室のような雰囲気です。

こちらの部屋には床の間があります。

帰りに二の丸の案内柱を発見しました。確かに、松下門・不浄門・土門のいずれも、三の丸から二の丸へつながっています。

 

そして久保田城には、もうひとつ三の丸から二の丸へ通じる門がありました。

長坂門跡と同じくらい美しい枡形虎口! 腰巻石垣のある土塁の間を通る道が右へ曲がり、その先でさらに左へ曲がります。曲がり角に、説明板があります。

前の方で撮影した説明板とほぼ同じ内容ですが、こちらは随分と年季が入っているようです。

左へ曲がった先が、久保田城二の丸への四つ目の入口・黒門跡です。案内柱の手前と、道の反対側の腰巻石垣の前に礎石のような石があります。

 

黒門を抜けると、三の丸に出ます。

黒門を出たあたりは、二の丸と三の丸を区切る内堀がよく残っています。

 

お堀沿いを南へ歩きます。

さあ駅へ向かおうかと思っていたら、最後に大手門跡を見つけました。外堀の土橋を渡って左に曲がった所に二層の櫓門が建っていたようです。写真の案内柱奥にある城郭建築風の何かは大手門をイメージしているように見えます。左手には外堀が続いているので実際はもう少し北側に建っていた気がしますが、大手門の向きはこの建造物と同じだったのではないでしょうか。

 

弘前城は本丸に石垣がありましたが、久保田城はほぼ土塁のみで建造物もほとんどなく、しかしながら土塁から得られる情報は思っていた以上に多かったです。石垣による枡形虎口も素敵ですが、土塁が形成する枡形虎口も実に美しく、ほれぼれします。そして、復元された表門と御隅櫓は久保田城のスケールを効果的にアピールしていたように感じました。

 

素敵なお城でした。ありがとう。

32.弘前城

弘前城に行ってきました。

現存12天守のひとつで、日本100名城(No.4)に選ばれた、青森県弘前市にあるお城です。

JR弘前駅の壁面に天守が描かれています。

駅からバスでお城の近くまで移動します。

東門近くにある案内板です。

ここから外堀沿いに北上します。

外堀の内側には、土塁が続いています。これまで石垣のお城ばかり見てきたので、土塁造りのお城はとっても新鮮に映ります。

お堀に沿って左へ曲がります。

なにやら古くて立派な建物がお堀の北側に見えます。

重要文化財の石場家住宅です。現在は酒屋さんで、入場料を支払えば住宅内部を見せてもらえます。江戸時代から残る貴重な城下町の建造物です。それにしても、とんでもなく大きな家です。

石場家住宅から道を渡り、城内へ入ります。

亀甲橋の向こうに、大きな城門が見えます。北門(亀甲門)です。

弘前城には、このような統一様式の案内図が至る所にあるので、現在地が容易に把握でき、こうして後にブログを更新する際にも非常に役立ちます。ありがたや。

北門の説明板です。もともとはこちらが大手だったようですが、現在は搦手門(裏門)となっているようです。

門は橋を渡って左に建っており、直進できないようにしています。門の周囲には土塁が高く積まれ、その上には板塀が隙間なく築かれ、門以外からの侵入を許さない堅固な構えです。

でかい! なんという巨大な門でしょうか。

内側から見た北門です。弘前城にはなんと五つもの城門が現存していますが、ひとつだけでとても興奮しているというのに、あと四つも!

案内柱が立っています。北門をくぐった所が四の丸です。

四の丸に入った途端、見渡す限り並ぶ石、石、石。ものすごい光景です。

そうです、弘前城本丸は石垣の解体修理中なのです。四の丸は現在、半分が解体した石置き場になっているようです。石にはラベルが貼られて管理され、壁にはこのように石垣修理の説明ポスターがずらっと貼られています。

四の丸のもう半分には護国神社が建っています。銅板で覆われた鳥居の巨大さに圧倒されます。

左手の高い土塁が、ここで区切られています。右奥が一陽橋です。

一陽橋は渡らず、四の丸を南下します。

赤い欄干がふたつ見えます。左が波祢橋、右奥が春陽橋です。

西堀のそばで、鴨がくつろいでいます。

春陽橋から見る西堀です。左手が城内です。

短くて可愛い、波祢橋です。

波祢橋のかかる細い水路沿いに、東へ歩きます。

賀田橋です。この先が三の丸です。

賀田橋を渡り、三の丸に入ってすぐ出迎えてくれるのがこの、土塁造りの巨大な桝形虎口です。ド迫力!

ふたつ前の写真の桝形虎口を右折してすぐ、上の写真のあたりに賀田御門が建っていたようです。門をくぐってもさらに道が左折しており、簡単には進ませてくれません。

ここから二の丸へ入れるようですが、ひとまず三の丸を中堀沿いに東へ歩きます。

三の丸からお堀越しに見る二の丸丑寅櫓です。現存天守は12ですが、三重櫓も12しか現存していないらしく、そのうちの三つがなんと、ここ弘前城にあるのです。すごい!

…それにしてもこの櫓、これまでお城で見てきた櫓と違って何か違和感があります。何だろう…?

中央高校口です。案内板や橋を渡る人と比べて、右手の土塁の高いこと。

三の丸を南へ歩きます。左手の外堀沿いには高い土塁、道の右側には低い土塁があります。

左手に、巨大な門が見えてきます。あれ? さっきも見たような…?

さっきも見たように思えるほど北門とそっくりな、三の丸東門です。よく見ると出窓が向かって右側に付いてたり、二階部分に狭間があったりと細部は異なるのですが、本当によく似ています。間違い探しレベルです。

そういえばこちら東門の左右には板塀がありません。これでは門をくぐらずとも脇から簡単に侵入できそうですが…板塀は撤去されたのか、最初から無かったのか、はてさて。

こちらも北門同様に桝形虎口となっており、攻め手の直進を許しません。

東門を出たところ、弘前文化センターの前には藩祖・津軽為信公の銅像が勇ましく立っています。ヒゲが立派です。

東門を出て、外堀沿いを南下します。

外堀の途中にダムのような仕切があります。高低差のある土地に築かれたお堀の水位を調整するための「水戸違い」という仕掛けだそうです。

水戸違いから南のお堀は、水位が高くなっています。

お城の玄関、追手門の前です。立派な石碑が立っています。

追手門です。東門と比べると、出窓が向かって左に付いてるくらいで…やはりほとんど外観に差異がありません。

追手門は北門同様、門の左右が板塀でガッチリガードされています。板塀の設置は要所のみだったのでしょうか。

内側から見る追手門です。

追手門のそばにある、これまでのものとは少しテイストが違う案内板です。

追手門をくぐった先は、三の丸です。

先ほどの案内板でもあったとおり、三の丸の南東は植物園になっています。

三の丸から二の丸辰巳櫓が見え…木が邪魔で全然見えません。

こちらの橋を渡れば二の丸です。

二の丸未申櫓です。こちらは三の丸からお堀越しによく見えます。窓やら狭間やらの配置で、一層・二層・三層とも顔のように見えてしまうのは僕だけでしょうか。そしてやはり、先ほど丑寅櫓で感じたのと同じ違和感が。

杉の大橋です。これを渡り、二の丸へ入ります。

杉の大橋上から見る中堀です。お堀のこういう直角に曲がる箇所、好きです。

橋を渡ってすぐに、桝形虎口があります。

二の丸南門です。弘前城の門はこのような形状で統一されているようです。

おや、よく見ると門柱に何やら木札が付いています。

「南内門」と読めます。ネームプレート! これまでの写真をよく見ると、どうやらほかの門にも付いていたみたいです。全然気付きませんでした。

内側から見る南門です。こちらは門の左右に板塀がなくオープンな雰囲気です。

南門をくぐった先は、二の丸です。

二の丸未申櫓です。屋根の端がちょっぴり反っていて愛嬌があります。狭間が外側にだけあるのが分かります。

二の丸辰巳櫓です。未申櫓との違いが全く分かりません…。弘前城を建てた人は高難易度の間違い探しマニアだったのでしょうか。

それはさておき、弘前城の櫓に感じていた違和感がこの説明板でようやく判明しました。櫓といえば一層目より二層目が小さいのが当たり前と思っていたから、このように一層目と二層目が全く同じ櫓に違和感を覚えていたみたいです。少しの差なのでしょうが、これだけで随分とずんぐりした印象を受けます。

Google Mapによると、二の丸辰巳櫓の付近に「時太鼓櫓跡」があるようですが…訪問時には分かりませんでした。このへんかなーと思う場所や、怪しげな石積みなどを撮影しておいたのですが、後で調べたら案内板が立っているようなので、少しズレた場所を探していたのかもしれません。

時計が普及していない時代、時を告げる太鼓というものは重要だったのでしょう。

二の丸にある、弘前城情報館です。

せっかくこういうのを建てるのであれば、当時城内にあった建物の位置・大きさ・外観などを少しでも似せたらいいのにと、どうしても思ってしまいます…。

二の丸の東に、桝形虎口と、またしても巨大な門です。

二の丸東門です。デザインはほかの門とほぼ同じです。

これで、城内に現存する五つの門と三つの櫓を全て見て回ったことになります。

内側から見る二の丸東門です。撮影のために一旦門の外へ出ましたが、引き続き二の丸を見て回ります。

門の左右の土塁に、根元だけ石垣が見えます。腰巻石垣というやつでしょうか。

与力番所です。一時期ほかの場所に移されていたようですが、元の場所に戻ってきたようです。大きく、高さもありますが、これ、二階もあるんでしょうか。

本丸へ向かう前に、本丸石垣の工事風景が見られる展望台が設置されているので、見に行きます。

重機と、解体されシートで覆われた石垣の向こうに、曳屋された天守の頭が見えます。

石垣解体修理についての説明板です。はらんでいる石垣を解体して、元通りに積み直す。言うのは簡単ですが、実際に行うのは途方もない作業です。

下乗橋です。二の丸と本丸をつなぐ橋で、橋の先には武者屯御門があったようです。

この下乗橋の上が天守を撮影する絶好のビュースポット…らしいですが、現在石垣は解体され、曳屋された天守の屋根がわずかに見えるのみのトホホな状態です。

それでも、この状態は今しか見られないのだと自分に言い聞かせ、足場とシートに覆われた解体修理中の石垣を撮影しておきます。

下乗橋を渡り、武者屯(むしゃだまり)という馬出のような小さな曲輪の先が、本丸です。写真は、武者屯から本丸への土橋を渡りきったあたりで撮影しています。

本丸には石垣が多用されており、さっそく道の両脇に石垣が見えます。当時ここには門が建っていたのでしょうか。そして正面には、本来ここに見えるはずのない、曳屋された天守が建っています。

亀石、というのは、この巨大な石垣の隅石を指すのでしょうか。言われてみれば上の石と合わせて、亀が立っているように見えないことも、ないことも…うーん?

本丸の桝形虎口を中から振り返ります。この虎口にも門があったのでしょうか。

桝形虎口を右折し、坂を上りきったところに、天守台があります。しかし、その上に天守は、ありません。

本丸御殿玄関礎石…は、現在このような展望台が建てられているため、見えません。

展望台からは、解体修理中の天守台を眺めることができます。

そして天守台から展望台をはさんで反対側に、曳屋された天守が。ちょこんと。

初代天守焼失から180年以上後の1810年に建てられた、三層で小柄ではあるものの風格のある、東北地方唯一かつ最北の現存天守です。

この角度(本丸より外側)から見ると一層・二層の中央が張り出し、屋根も破風で装飾されるなど非常に情報量が多いのですが。

反対側(本丸内側)から見るとこのとおり、破風も張り出しもないきわめてシンプルな外観に変身します。本丸外側からできるだけ天守を大きく見せる工夫だとも言われているようですが、なんという個性的な作りでしょう。正面と側面で印象が違う天守は多いですが、本丸の外側と内側とでここまで印象が変わる天守というのは弘前城ならではの特徴ではないでしょうか。

両方の顔が見える角度で撮影…しようとしたら、木に邪魔されました。

仕方なく反対側から。お化粧サイドとノーメイクサイドの両面が同時に見えます。

先ほどの天守写真の手前に写っていた説明板です。

こちらが刻字隅石です。大正の石垣修理の際に刻まれたと思われる文字が、はっきりと見えます。

こちらが「いかすみ石」です。これは…イカですね。どうみても。

石垣修理に伴い移動された井戸枠です。巨石が綺麗な円形にくり抜かれています。

それでは、天守に入ってみます。曳屋された状態でも中に入れるのがありがたいです。

現在、このように黒い鉄骨で耐震補強がされています。天守曳き戻し後、正式な耐震補強をするそうですが…重要文化財だけに、いろいろ気を遣う補強になりそうです。

天守や櫓によく見かける石落しですが、本当に石を落とすわけではなく、実際はここに書いてあるとおり槍で突いたりすることを想定していたんでしょうね。

栗石ぎっしりの白壁です。弘前城、お化粧上手な上に防弾チョッキ仕様です。

外側の狭間は、木戸で蓋ができるようになっています。

内側の窓にも木戸がありますが…ここの戸は後世のものでしょうか。

曳屋に関する展示と、古写真です。上の古写真には、天守の右に土塀が見えます。

二階へ上がります。床もそうですが、階段にもこうしてグリーンシートが敷かれています。

二階です。

駕籠です。家紋が付いています。とても保存状態が良いです。

記念撮影スペースです。陣羽織を着て床几に腰掛ければTONOSAMA気分です。

階段はこのように区切られ、順路が固定されています。

最上階、三階へ上がります。

天守の最上階です。中央近くに、本丸模型が見えます。

天守からの眺め…を撮影した写真がこれしかなく、しかもなんだかイマイチです。遠くに見える山裾は岩木山でしょうか。

本丸模型です。現在、天守以外に建物は残っていませんが、当時は本丸の敷地めいっぱいに御殿が建っていたようです。御殿は天守と並んでお城の華だと思うのですが、真っ先に取り壊されてしまうことが多いみたいで、ほとんど現存していないのが残念でなりません。

頭上を気にしつつ、階段を下ります。

天守外壁に取り付けられたコレが妙に気になったので撮りましたが、曳屋工事の関連なのか、あるいは耐震のための設備なのか、分かりません。

天守を出て、本丸を歩きます。

本丸未申櫓跡です。1627年までは、ここに五層の初代天守が建っていたようです。今は切込み接ぎ(綺麗に加工された石を隙間なく積んだ石垣)の櫓台と石段があります。

御日記蔵跡です。ここに弘前藩の日記がストックされ続けたようで、今も4200冊余りが残っているとか。よんせんにひゃく! 継続は力なり、です。

御日記蔵跡の東側には、低い石垣と石段があります。石垣の向こうが本丸南虎口です。

御金蔵跡です。説明板の向こうの建物はもちろん御金蔵ではなく、曳屋された天守です。つまり、当時御金蔵があった場所に、天守が曳屋されているというわけです。

先ほどの御日記蔵跡東にある石垣のさらに東部分です。こちらにはちゃんとした石段があります。

写真右手の石積みで囲われた低い土塁は何かの遺構かと思い撮影しましたが、どうやらそういうわけでもなさそうです。当時このあたりは本丸御殿の大奥があったようです。

本丸戌亥櫓跡です。現在は屋根付きの休憩所が建っています。

本丸の北から、北の郭へ向かいます。

何度も折れ曲がる石段を下り、石垣の壁に見送られます。

鷹丘橋を渡ると、北の郭です。

北の郭にある武徳殿です。唐破風が美しい御殿風の建物ですが、明治末期に建てられたそうです。今は休憩所だったりカフェだったりするそうです。

「超城合体タメノブーンV」は…謎です。

籾蔵跡です。左手奥にわずかに見える階段の先が、子の櫓跡です。

子の櫓跡です。子の方角の名を冠した櫓は、これまで訪れたお城にはなかったように思います。明治に入り、花火が原因で焼失というのは…なんともやるせないです。

舘神跡です。秀吉公を祀った神社があったようです。鳥居や本殿の柱が復元表示されています。

舘神跡に復元表示された柵列です。奥には、鷹丘橋が見えます。

舘神跡から見る、本丸石垣修理風景です。

北の郭を東へ抜け、二の丸へ向かいます。

二の丸丑寅櫓です。説明板のあるこちら側からだと、イマイチ良い写真が撮れませんでした。

二の丸の北にある見事な土塁です。右へ進めば三の丸、賀田御門の近くへ抜けるのですが、絵図などを見る限りでは当時ここに道はなく、後世に通した道のようで、この土塁も前方、丑寅櫓の横まで続いていたようです。

この道を右へ抜け、四の丸から波祢橋を渡り、西の郭へ向かいます。

波祢橋を渡ると西の郭と、水路を挟んで右にも細い道が並行しています。右側の道は「桜のトンネル」だそうです。春は桜が綺麗でしょうね。

西の郭を南へ歩きます。左手に見えるのは蓮池です。

蓮池の向こうの土塁には、腰巻石垣が見えます。

西の郭の南西にある未申櫓跡です。礎石らしき石があります。なんとこちらは煙草の火の不始末により焼失したとあります…嗚呼やるせない。

それにしても弘前城、西の郭・二の丸・本丸それぞれに「未申櫓」があったようですが…当時のお城関係者はややこしくなかったのでしょうか。

工業高校口にある、埋門跡です。あまりにも石垣が隙間なく積まれているからてっきり後世の造成かと思いましたが、天保年間のものらしいです。見事な切込み接ぎです。

中央弘前駅へ向かう途中、ドーミーイン弘前のそばで見つけた、本町の説明柱です。当時このあたりは職人町だったようです。

締めくくりは、天守の写真です。

御殿の大奥のあった辺りから撮影したら、天守が木に隠れてしまいました。

こちらは天守が右へ傾いてしまっています…締めくくりに締まらない写真ばかりになってしまいました。

 

現存建造物が多いことに加え、縄張りも当時をよく残しており、見所だらけです。土塁のお城というものに初めて出会い、お城が石垣だけじゃないことを学ぶ良い機会にもなりました。次は是非、天守曳き戻し後に訪れたいものです。

 

素敵なお城でした。ありがとう。